2015年5月6日水曜日

鬼無里で生き返る

今日は家でのんびりしようと思っていたのですが、朝、天気が良かったので妻と奥裾花自然園(長野市鬼無里)へ行くことに。

 ブナ林の若葉。そして可憐な水芭蕉の群生。澄み切った青い空。雪解けのすすむ山々…。
 新鮮な生命力を吹き込まれるようで、地球と自然に生かされていることを実感します。

 今年は雪が多くて、残念ながら吉池の樹齢400年のトチノキまで行くことが出来ませんでした。樹齢300年を越えるブナ原生林もこれからが見頃。

 鬼無里の奥裾花自然園、絶対オススメです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...