2018年1月3日水曜日

60歳までは仕込み

 いつの頃からか、年末の切迫感みたいなものを感じなくなり、お正月の新鮮な気分というか、リセット感もなくなったように思います。それは自分でも意外に感じるほどですが、考えてみれば自分も還暦まであと2年少し。歳を重ねることによるものなのでしょうか?

 それでも、このお正月休みには新聞をじっくり読んだり、調べごとをしたりと、充実感を持つ事が出来ました。多少なりとも、自分に知的な栄養を取り込む事が出来たのかもしれません。

 林家正蔵師匠が、「しんぶん赤旗」日曜版の新年号で「60歳までは仕込み」と語っています。正蔵師匠にあやかって、5年、10年先を見据え歩いていく年にできればと考えています。





0 件のコメント:

コメントを投稿

事務所開設しました

 元旦の善光寺大門の宣伝から始まって、地域や各種団体の新年会などに参加しています。新年の行事が数ある中で、消防団の出初式は特徴的です。宴の最後に「北信流」と呼ばれる真田十万石に伝わるお盃の儀式を行いますが、その時の詠いの見事なこと。毎回感心させられます。  6日は宣伝...