2018年2月25日日曜日

がんになっても仕事と治療を両立できる社会を

 終日、県議会の質問の準備をしていました。質問は28日の午後です。頭は満タン状態。
 夕方、1時間弱、サイクリングで気分転換をしました。

 今回の質問で取り上げるのは、以下の4項目です。頑張ります。
(1)合併した中山間地の人口減少や集落の崩壊問題(合併した町村が、合併せず自立の道を選んだ町村より深刻な現状になっている中で、どのような対策をとるか)

(2)がん患者と仕事・雇用の問題(がんになっても自分らしく生活し、働き続けることができる社会を)

(3)住宅宿泊事業法の条例(宿泊者や地域の安全性をどうやって確保するか)

(4)長野県立病院機構は、公益的機能を重視し、採算優先の運営の見直しを

 がん患者と仕事・雇用の問題は、進行がんを体験したものの一人としての思いを込めて質問したいと思っています。  
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...