2015年1月12日月曜日

命を使い切る…柴田恭平さん

 

「命を使い切る」。俳優の柴田恭兵さんが、しんぶん赤旗日曜版(1月11日)で語っている生き方です。


 50代半ばで肺がんを患った柴田さん。私も同じ病気で、柴田さんと同じように命は有限だからこそ尊いと実感した一人として、柴田さんの決意に感銘を受けました。私も、一つひとつの仕事に全部出しきりたい。

 

 3連休は活動の稼ぎ時。フル回転でちょっと疲れ気味。夕方、日替わり温泉で骨休めしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

事務所開設しました

 元旦の善光寺大門の宣伝から始まって、地域や各種団体の新年会などに参加しています。新年の行事が数ある中で、消防団の出初式は特徴的です。宴の最後に「北信流」と呼ばれる真田十万石に伝わるお盃の儀式を行いますが、その時の詠いの見事なこと。毎回感心させられます。  6日は宣伝...