2017年9月12日火曜日

野党共闘をすすめる懇談会

 市民と野党の共同をすすめる集会(大町市 10日)。佐々木寛氏(市民連合@新潟共同代表)が講演。市民連合は政党のようになってはいけないし、候補のファンクラブでもない。その度に「この指とまれ方式」でやっていくのが良いという考え方は参考になりました。
 
 私は共産党を代表し、昨年の参院選で自民、公明党と野党4党の合計得票がきっこうした2区で必ず共同を勝利させる決意を発言しました。
 下条みつ氏(民進)、中川ひろじ氏(社民)、八木聡氏(緑の党)が発言。会場の参加者からは、共同実現の可能性など質問や要望が出されて意見交換。総選挙への気運が高まった集会でした。


野党共闘をさらにすすめる大北地区懇談会 9月10日


0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...