2016年8月2日火曜日

浅川ダム裁判 東京高裁

 朝7時半、バスで東京高裁へ。危険で無駄な浅川ダムの公金差止めを求める裁判です。このダムに計画段階から反対しいっかんしてたたかってきた皆さんの中には、高齢の方も多く往復10時間近いバスの移動はきついだろうと思います。その意思、信念には本当に頭が下がります。

 今回弁護団は、洪水時の流量を予測した県の計算式が誤っていた新事実を主張。つまり、県は洪水の「水増し」をしてダムが必要だと結論を導いたということです。次回は活断層が取り上げられます。裁判長からは、「公金の支出の差し止めを求める裁判だから、ダムがどんどんできあがっていくことは避けた方がいいのでは」と、早く裁判を打ち切りたい意向が。まだまだ、がんばりどきです。
 共産党県議団からは、和田明子、高村京子、毛利栄子県議が参加しました。

 東京高裁の浅川ダム裁判の後、武田良介新参議院議員の議員会館のお部屋をたずねました。さらに藤野やすふみ衆議院議員のお部屋でお茶をいただいたのでした。アポなしの急襲で武田さん、藤野さんに会えるなんてラッキーでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...