2016年6月6日月曜日

一人スタンディング

 
 雨の日も風の日も、毎朝一人で県道の脇に立ち安保法制(戦争法)の廃止をアピールしている方がいます。安保法制が国会で強行された昨年9月以来、のぼり旗を立てプラスターを抱えて、無言で、通り過ぎる車にていねいに頭を下げておられます。


 実は7年前に私が大病をしたとき、この方も体を壊しお互いに励ましあったこともありました。毎週月曜日、私は三才駅での朝宣伝に向かう途中、この方がスタンディングしている前を車で通るのですが、そのたびにわが身をただされる思いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...