スキップしてメイン コンテンツに移動

火山と共生するまちづくり、知的障がい者福祉の視察

 共産党県議団で、火山と共生するまちづくり、知的障がい者福祉をテーマに17日から19日まで北海道洞爺湖町、伊達市を視察してきました。
 
 
火山マイスターの立野広志町議(右)
洞爺湖町の視察は、噴火を繰り返す
有珠山と共生するまちづくりをすすめている取り組み、経験や教訓に学び、長野県の御嶽山の噴火災害の復興やまちづくりなどに生かしていくことが目的。

 町の担当者や噴火で大打撃を受けた事業者のみなさんからお話を伺うとともに、火山マイスターの立野広志さん(等洞爺湖町議)に噴火災害やまちづくりの案内をしていただきました。

 伊達市は、大きな施設に「隔離」していた知的障がい者に身近な地域で普通に生活してもらおうと、グループホームや職場の確保、様々な相談にのる体制などを整備しています。吉野英雄市議さんにも同行していただきました。

 いずれの視察も、行政が施策を型にはめたり上から押し付けるのではなく、住民や関係団体が主体となった運動や取り組みに最大のポイントがあることをしっかり学びました。

 行きは松本空港から空路でしたが、帰りは伊達紋別から、ひたすら鉄路で9時間(もっと早い予定だったが、道内の在来線が大幅に遅れた)かけて長野に帰ってきました。

コメント

このブログの人気の投稿

長女の帰省

東京に暮らす長女が、昨日ふらっと長野に帰って来て、今日は東京に戻りました。
 いったい、どうしたんだろう? 何かあったのだろうか? 親としては不安になりますが聞き出すこともできず…。

 大手の書店で契約社員として働く長女。正社員のみなさんと違い、ゴールデンウイークも仕事だそうです。
 「限界だと思ったら、いつでも長野に戻っておいで」としか言えない親です。



県議会で一般質問 県民要望実現へ引き続き奮闘します!

1日、長野県議会で一般質問を行いました。くらしや安全、県民要望の実現へ大事な課題を取り上げたと考えています。残念ながら期待した答弁はありませんでしたが、あきらめずにがんばります。

【国民健康保険の負担軽減対策】
 県内の国保加入者の平均所得は59万円余、保険料が7万8千円でその比率は13・2%。一方、協会健保7・6%、組合健保5・7%(いずれも全国平均)で、格差の放置は不公平。これ以上の負担増を県民は不安に思っています。
 保険料を軽減するための一般会計からの法定外繰り入れなど、市町村の自主性を引き続き尊重するよう求めましたが、答弁は法定外繰入などは解消をめざすというものでした。


【リニア中央新幹線は凍結を】
 工事が行われている大鹿村で、JR東海が3年間限定のトンネル残土の仮置き場を、永久的な処分場に変更する計画を突然持ち出しました。
 他にも、住民置き去りの強引な進め方があちこちで問題になっています。「工事を凍結し、丁寧な説明と住民合意をJR東海に強く求めるべき」と知事にせまりましたが、答弁は「丁寧な説明と住民の合意を求めていく」としたこれまでと同様のものでした。

【民泊新法(住宅宿泊事業法)】
 軽井沢町は、様々なトラブルを起こしている営業目的の民泊施設は認めない独自の規制を実施。長野県も条例の制定を目指していますが、特に家主不在型の民泊は生活環境の破壊や安全面で問題があり、厳しく規制することを求めました。 地域の中小企業や小規模事業者が営業を継続し、住民が安心してくらせる観光政策を要望しました。


ヘルメット衝動買いしました

自転車屋へ出かけ、壊れたカゴの修理をしてもらっている間に店内をウロウロ。ツーリング用のリュックや手袋、ジャージ…。いろいろ見ているうちに、ついつい欲しくなって自転車用のヘルメットを衝動買い。若干、後悔の気持ちもありますが「安全第一。ヘルメットは必需品」と自分を納得させています。
 さて、新調のヘルメットでどこへ出かけようかなと…。