2017年10月18日水曜日

選挙カーへの確かな手応え

 総選挙の公示後、10日、13日、15日、17日と選挙カーに乗り、ながせ由希子比例候補らと訴えています。
 選挙カーで走ったり訴えていると、その日の天気や地域によっても違いがありますが、町の空気というか有権者の反応がよくわかります。

 今度の選挙は、10日の初日は有権者の声援がたくさん寄せられたのですが、その後13、15日は弱くなりました。雨であまり人が外にいなかったっこともあると思いますが、少し不安になりました。

 しかし、昨日17日は初日以上の強い、確かな手応えがあり、共産党の躍進や野党と市民の共闘の勝利の条件が広がっていることを強く感じました。

 マスコミはいろんな議席予測を報じていますが、有権者は動き始めています。文字通り、最後の奮闘が結果を左右することを実感しています。

飯田の市街地と天竜川を眺めながら演説(15日)


0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...