2018年3月13日火曜日

補助金不正事件の真相究明を

 開会中の長野県議会。国や県の補助金14億5千万円の不正事件である大北森林組合事件。県の現地機関のみならず、本庁林務部の関与も取りざたされています。しかし、真相が未解明のため、議会として強力な調査権限を持つ百条委員会の設置を共産党県議団で提案しました。
 ところが、設置の提案は賛成少数で否決に。残念!
 チェック機能を果たすべき、議会のあり方も問われています。このまま幕引きは許されません。真相究明のために頑張ります。
百条委員会設置提案 3月2日


0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...