2016年7月16日土曜日

7回目の7月15日

  今年も無事に7月15日を迎えることができました。

 7年前のこの日、人間ドックでまさかの病気が判明し、手術、化学療法、長期療養…。発見時、すでにリンパ節に転移があって「5年生存率は三十数パーセント」、「見通しは相当厳しい」という医師の宣告に、死の恐怖にとらわれ、何度かどん底に突き落とされ希望を失うこともありました。

 そんななかでも様々な人の生き方にも触れ、命のはかなさと尊さ、当たり前の日々の暮らしを送ることのできる喜びと有り難さを知りました。

 今日もこうして生かされていることに感謝です。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...