2016年7月1日金曜日

子どもを性被害から守るために

 長野県議会の最終日。共産党県議団は、子どもを性被害から守るための条例案の修正案を提出しました。共産党県議団の修正案は、県民の評価が分かれている罰則規定をそっくり削除したものです。

 私は修正案の賛成討論を行い、地元テレビのニュースでも流れました。県弁護士会も、県の原案は子どもの恋愛を過度に規制することや、本来罰すべきでないことに捜査が及んだり一方的な申告で処罰されかねないことなどから罰則を削除する修正を求めていました。しかし、残念ながら修正案は否決されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿