2017年1月19日木曜日

共産党大会に参加

 1月15日から18日まで、日本共産党第27回党大会(熱海市)に参加してきました。大会では、民進党の代表代行、自由党、社民党、沖縄の風の代表・党首が来賓として参加し、心のこもった、この間の野党と市民の共同の発展を受けたあいさつに激拍手が鳴り止みませんでした。
 大会の討論で、全国各地で草の根の共闘が前進している事も語られ、野党と市民の共闘は誰も止められないと感じました。長野県で共闘を広げるために力をつくしたい。

 留守中、連れ合いや子どもたちが雪をかいてくれました
 強く大きな党をとくりたいという思いも一体感がビシビシ。長野県に比べても党勢の小さい地域の努力や工夫に感激し、いろいろ学ばされました。強く大きな党をつくる事ができると確信。
 自民党政治を本格的に転換し、平和や民主主義、そして暮らしでも国民の願いに応える野党連合政権をつくる可能性、希望が見えてきました。

 4日ぶりに長野に戻ると、ニュースでは見ていましたが大雪。50センチくらい積もったでしょうか。さてさて、自らのバージョンアップをスタートです。


 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...