2017年1月19日木曜日

共産党大会に参加

 1月15日から18日まで、日本共産党第27回党大会(熱海市)に参加してきました。大会では、民進党の代表代行、自由党、社民党、沖縄の風の代表・党首が来賓として参加し、心のこもった、この間の野党と市民の共同の発展を受けたあいさつに激拍手が鳴り止みませんでした。
 大会の討論で、全国各地で草の根の共闘が前進している事も語られ、野党と市民の共闘は誰も止められないと感じました。長野県で共闘を広げるために力をつくしたい。

 留守中、連れ合いや子どもたちが雪をかいてくれました
 強く大きな党をとくりたいという思いも一体感がビシビシ。長野県に比べても党勢の小さい地域の努力や工夫に感激し、いろいろ学ばされました。強く大きな党をつくる事ができると確信。
 自民党政治を本格的に転換し、平和や民主主義、そして暮らしでも国民の願いに応える野党連合政権をつくる可能性、希望が見えてきました。

 4日ぶりに長野に戻ると、ニュースでは見ていましたが大雪。50センチくらい積もったでしょうか。さてさて、自らのバージョンアップをスタートです。


 

 

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...