2017年3月5日日曜日

要支援者を守る防災シンポ

千曲市 あんずホール 熱心な意見交換が続きました
 千曲市で、障害者など要支援者を守る防災のあり方を考えるシンポジウム に参加しました。

 緊急時に障害者や要支援者が活用する防災ガイドカレンダーの報告が参考になりました。普段はカレンダーとして目につくところに張っておき、緊急時には連絡先や
要支援者防災ガイドカレンダー 障害などに応じて5種類あります
避難場所を確認します。また、カレンダーを持って避難して、周囲に自分の体調や思いを指差しで伝えることができるイラストつきで、自分の医療的な情報なども記入できます。このカレンダーで避難所でも助かるのではないでしょうか。


 東日本大震災で犠牲になった障害者は、一般の人の2倍以上といわれます。シンポジウムは予定時間をオーバーして、熱心な討議が続きました。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

目が回りそう

 一週間の何て早いこと。 5日 4番目クンが、部活動で右の手首を骨折。予定をキャンセルして、朝から病院に行き、検査、手術まで終日の付き添い。 6日 地域に入って訪問活動。熱心な後援会の方が自宅のご近所さんに案内してくれて ごあいさつ。 7日 松本で医療関係の団体と懇談...