2018年9月14日金曜日

訪問活動 知事申し入れ

 金曜日朝の定例長野電鉄本郷駅で県政・市政報告。
 帰宅して朝ご飯を食べて、後援会のメンバーと訪問活動に出発。ご主人が人工透析など複数の病気を持つ中で、看護とパートの清掃作業で頑張っている女性と出会いました。経済的にも、精神的にももうギリギリで、「いっそのこと二人でこの世を去ろうかと考えることも」という深刻な訴えを受けました。とにかく、色々相談に乗ることもできるからとお話ししてきました。

 昼前に県庁の共産党控室へ。宣伝物の打ち合わせ、大急ぎでコンビニおにぎりでお昼。
 午後は、県議団会議。そして阿部知事へ9月議会に対する申し入れでは、学校のクーラー設置、台風21号による農作物や建物被害の復旧支援の要望、そして黒塗りのノリ弁当の情報公開の問題などを指摘。
 知事からは、生活保護などのあり方について、国の様々な細かい要綱が一人ひとりの実態とかけ離れているという問題意識などが述べられました。
 何れにしても、26日からの県議会でさらに詰めていきたいと思います。
 
 申し入れ後も、引き続き県議団会議。午後8時近くに県庁を後にしました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...