2016年9月17日土曜日

リニア新幹線 住民のみなさんの不安

 リニア中央新幹線関連の関連で、本村伸子衆議院議員、武田良介参議院議員がおこなった現地調査に、和田明子県議、市田忠義参議院議員秘書らと同行しました(16日)。

 朝7時に長野市を車で出発し10時に大鹿村。JR東海が、村内で開催した説明会に村のリニア対策委員の女性を参加させず地元集落の正副自治会長が抗議の退席をした件で地元の住民からお話を聞きました。
 JR東海が、住民合意がなければ工事は進めないとしながら、説明会を開けば理解が進んだしていることや、住民合意の判断は事業者であるJR東海がおこなうものという、乱暴で不誠実な対応を行っていることが告発されました。

 松川町生田地区では、建設残土の候補地の下流に住む自治会の役員のみなさんと懇談。「過去にも大災害が起こり、現在でも大雨のたびに被害がでている沢に残土を埋めることは危険で、多くの住民が不安を抱えている。ところが、被害を受ける下流の住民には何の話もない」など、県や町の対応を指摘する声が寄せられました。

 ご案内いただいた水野ちかあき・党飯田下伊那地区委員長、地元町村会議員のみなさんには大変お世話になりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿