2016年9月24日土曜日

国民健康保険が道府県の運営に

 列車に揺られて松本へ。国民健康保険の運営主体が、現在の市町村から都道府県に移行する問題の学習会に参加しました(主催、長野県社会保障推進協議会)。

 今でも国民健康保険の保険料は高すぎて、暮らしを圧迫し滞納者も増えています。こうしたなか、市町村は加入者の負担を少しでも軽減するために、それぞれの実態や条件に応じて一般会計から国民健康保険の会計への繰り入れをおこなうなど、いろんな努力や取り組みを行っています。

 ところが、県への移行によってこうした市長村独自の取り組みができなくなり、保険料が引き上がることが心配されます。つまり、よりいっそう暮らしへの圧迫が強まって、本来くらしを支えるための社会保障がくらしを壊すことになりかねません。本末転倒のあり得ない話です。
 しっかり勉強したことを生かして、がんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿