2016年9月14日水曜日

知事も「ありえない話」

 
 長野県阿部守一知事に対して日本共産党県議団で9月定例議会前の申し入れを行いました(13日)。
 各議員で申し入れ項目を分担、私はリニア新幹線問題を取り上げました。この間、大鹿村でJR東海が行った住民説明会で、村のリニア対策委員の入場を拒否したことなど、地元自治体や住民の声に聞く耳持たずのJR東海の姿勢をただしてほしいと発言。阿部知事は「(対策委員の入場拒否は)あり得ない話」と批判しました。

 他にも、大北森林組合に関する補助金不正疑惑の解明、地滑りなどの危険性がある浅川ダムの試験湛水の見直し、視覚障害者の転落事故防止のための長野駅新幹線ホームへのホームドアーの設置、こどもの貧困率などの県独自の調査などを申し入れました。
 今回の申し入れは、21日からの県議会の一般質問や委員会の審議でも取り上げていく予定です。他にも、みなさんのご要望やご意見をお寄せください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...