2016年12月10日土曜日

野沢菜漬け 決行!

 定例県議会が閉会してほっと一息。今日は野沢菜を漬けました。野沢菜漬けは、冬の信州の代表的な風物詩。朝、広、晩、そしてお茶の時間に必ずテーブルに上ります。
 漬け方もそれぞれの家庭で違い、近所があつまってお茶を飲む「お茶のみ」や、会合ではみんながそれぞれ持ち寄って、ひとしきり野沢菜談義に花が咲きます。

 野沢菜を冷たい水でよ〜く洗って、鷹の爪、昆布、煮干し、そして塩を投入して完成。しかし、この塩加減が難しく、昨年は甘くてほぼ失敗、結局、炒め物などにして消費しました。今回は中くらいの樽(40号)に塩は2カップ。まだ甘いかな? いずれにしてもすばらく様子を見る事とします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

果樹試験場で「クイーンルージュ」

  左からシナノパープル、クイーンルージュ、シャインマスカット 9月定例議会が終わり、ほっと一息。  午前中は議会中に読めなかった資料に目を通し、午後から、須坂市にある長野県果樹試験場を視察しました(県議会園芸振興対策議員連盟)。  果樹試験場では、新品種の育成な...