2017年2月11日土曜日

マチネの終わりに

 マチネの終わりに(平野啓一郎 毎日新聞出版)。久しぶりに小説を読んだ気がしました。

 困難を乗り越えながらもようやく結びつくところまでいった愛が、恩師の病気、携帯電話のおき忘れなど日常の出来事によって引き裂かれていきます。しかし、絶望の淵と長い時間を経ながら、再び一つひとつ運命を手繰り寄せていく愛の力。

 胸の押しつぶされるような思いをしながら、一気に引き込まれ、深い余韻が残りました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...