2017年2月15日水曜日

大北森林組合問題現地調査

架空請求がおこなわれた現場・池田町
 長野県大北森林組合にかかわる補助金不正問題で、架空請求が行われた池田町の現場を調べました。
 既設の町道や林道を、新規に開設したことにして補助金を申請、支給されていたのです。
 それにしても、なぜ森林組合の架空請求を見抜くことができなかったのか。県は工事完了後に行う検査が積雪などでできなかったかことなどをあげています。
 
 しかし、今日現地へ行って、架空請求が行われた現場には積雪期でも簡単に入れることが明らかになりました。足も踏み入れることのできないような場所では、決してありません。県は架空請求を知っていたから検査をしなかったといわれても、無理はない気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

武田の里へ

 今日は休みを取り、4番目クンのバスケの遠征の応援のため韮崎市へ。  いつもベンチの彼ですが、今日は短時間でしたが試合に出て3ポイントシュートも決めていました。  休暇で帰省していた長女も一緒に韮崎へ。“歴女”の長女は、弟の応援より武田家の名所・旧跡が気になって、武田勝...