2017年2月14日火曜日

見えない“貧困”

 NHKスペシャル「見えない“貧困” 未来を奪われる子どもたち」を見ました。
 ファミリーレストランの後、コンビニのアルバイトに足早に急ぐ高校生。毎月8万円のアルバイト代は生活費だといいいます。千葉県の調査では、高校生のアルバイトの目的は半数が生活費と答えています。
 大学の初年度納入金が用意できず、夢を絶たれ泣き崩れる高校生の姿には涙がでました。
 生活費だけでなく、教育や人間関係を奪われていく見えない“貧困”。進学率の減少、非正規雇用の増加、収入の減少など、日本社会の経済的損失は42.9兆円におよぶという試算も。見えない貧困の実態を明らかにしていくこと、そして貧困の克服は、まさしく社会的な問題です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...