2018年10月30日火曜日

連日の上伊那

 昨日、今日と二日続けて長野市から上伊那地方へ往復しました。


小林伸陽共産党県議団長と
 昨日は、見事な紅葉の中で横川蛇石発電所(辰野町)の起工式。ダムの放流水を有効利用する最大出力199kW、年間発電量420世帯分の小水力発電所です。
 再生可能エネルギーの固定価格買取制度に対応する、水芭蕉発電所(長野市)、高遠さくら発電所(伊那市)に次ぐ県企業局の水力発電所です。
 広がれ信州の再生可能エネルギー。

 今日は、「こんにちは県議会です」(長野県議会広報委員会と地域課題に取り組むグループとの懇談会)で伊那市へ。
 「超山間地」で農業を営むみなさんの、「どうしてもここで暮らしたい」と地域を愛する思い、「経営実績とか、補助金の効果なんて視点で見ないでほしい。現状を維持していることが大成果」との言葉をかみしめました。

 ちなみに、明日から三日間の東北出張です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

事務所開設しました

 元旦の善光寺大門の宣伝から始まって、地域や各種団体の新年会などに参加しています。新年の行事が数ある中で、消防団の出初式は特徴的です。宴の最後に「北信流」と呼ばれる真田十万石に伝わるお盃の儀式を行いますが、その時の詠いの見事なこと。毎回感心させられます。  6日は宣伝...