2016年10月15日土曜日

三輪甚句

 地元三輪地区に伝わる三輪甚句を伝承しようという三輪甚句祭り。同じ三輪地区に住む高島陽子県議、野々村博美市議とともに参加。今回は私が議員を代表してあいさつさせていただきました。

 三輪甚句は単純な覚えやすい振り付けで、地元小学校の運動会でも子どもたちが踊り、地域でも根付いています。
 今日は、小学校の子どもたちが甚句の歌詞をインターネットも使って調査し、昔の三輪地区の様子をよみがえらせてくれました。なかには「解読できませんでした」という歌詞もあり、それはそれでほほえましい報告に会場は笑いに包まれました。

 東京音頭、相川節など、地域ごとに踊りを披露、最後は保存会会員のみなさんも自治会の役員さんも子どもたちもいっしょになって三輪甚句を踊り、大いに盛り上がりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...