2018年4月17日火曜日

高校改革は、人格の完成を真ん中に

 県議会の文教企業委員会の初会合でした。
 今年度の委員会は、高校改革などの重要な案件が審議されます。
 発表された高校改革の方針案は、知識詰め込み型から思考力や判断力を重視する「探究的学び」が強調されています。それは大切なことかもしれませんが、同時に「育てたい生徒像を明確にする」など、上からの押し付けが懸念される点もあります。
 さらに、少子化にともない効率性や採算性を追求した高校の再編なども位置付けられ、これは機械的な統廃合になりかねません。
 いずれにしても、一人ひとりの子どもが主役になり、その人格の完成が真ん中にすわった改革こそ本来求められているのではないかと思うわけで、積極的に提案して行きたいと思います。

文教企業委員会の副委員長をつとめます。4月17日

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...