2018年4月8日日曜日

“学校は人格の完成が目的”

 あれこれたまった資料を整理。

 教育関係の会議の資料で、ある校長先生のお話が印象的でした。
 校長先生は、文科省が推進している「スーパーグローバルハイスクール」について、学ぶ意欲や行動力を引き出す効果を語りながらも、1クラス40人を2人の教員で見るのは無理があり少人数クラスが必要なこと、国の予算が不十分なため同窓会や父母の負担が大きいことなど、現場の実戦に基づき今後の課題をあげておられます。
 私たち共産党県議団も高校の少人数クラスを求めていますが、その意を強くしました。

 「学校が何にコミットしているのかはっきりさせるべき」という会議の中で出された指摘に、この校長先生は「学校は総合的な人間性の成長だとか、人格の完成が目的なのでいろいろな要素が散りばめられていて、様々に育つことが必要」とキッパリ指摘しています。
 教育の本来のあり方、子どもたちが主人公の目線にたったお話は納得でした。長野県の教育の光を見た思いです。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...