2018年4月20日金曜日

決意新たに

 2019年4月の県会議員選挙(長野市・上水内郡区 定数11)に立候補することを、和田あき子県議(3期 共産党県議団副団長)とともに記者発表しました。引き続き、同選挙区で共産党の2議席確保をめざします。

 記者発表では、共産党県議団として働きかけ続けてきた子どもの医療費窓口無料化が8月から実施されることを紹介しながら、くらし、福祉や子育てなど県民要望の実現に全力をあげる決意を表明。また、県議会の中で国政野党との共同を広げつつ、議会の大切な役割であるチェック機能を果たす先頭に立つことを述べました。

 8月の県知事選挙、そして1年後の県会議員選挙に向けて、決意を新たにしました。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...