2018年6月22日金曜日

小学生に議場の説明ー答弁不能に

 今日は議案調査日。県庁の共産党控え室で6月定例県議会に提出された議案や資料に目を通しました。

 午後、長野県庁の見学に来た安曇野市の穂高北小学校のみなさんに、県議会の広報委員として議場の説明をしました。一通り説明した後で質問コーナーですが、難問が次々と出されタジタジでした。


・質問「◯◯議員さん(山口ではありません)て、どんな人ですか?」
・山口「う〜ん…」(いきなり想定外の質問。他の議員さんのことをどう言ったら良いのか思いつかず、答弁不能に陥る)

・質問「今まで一番難しかった議会は何ですか?」
・山口「う〜ん、一年間のお金の使い方を決める時かな。学校を良くしたいとか、道路を作りたいとか、いろんな願いがあるけど使えるお金も限られているから難しいです」(今考えると知事がする答弁みたい)

 と、こんな感じでした。次回はもう少し上手に答えられるよう頑張ります…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

目が回りそう

 一週間の何て早いこと。 5日 4番目クンが、部活動で右の手首を骨折。予定をキャンセルして、朝から病院に行き、検査、手術まで終日の付き添い。 6日 地域に入って訪問活動。熱心な後援会の方が自宅のご近所さんに案内してくれて ごあいさつ。 7日 松本で医療関係の団体と懇談...