2018年6月3日日曜日

再び栄村 共産党演説会

 朝7時に自家用車で家を出て、長野県栄村へ。5月25日に震度5強を記録した翌日に続き訪ねました。一週間経過し被害の全体像も明らかになるなか、森川浩市村長は農地の復旧などに国や県の経済的な支援を訴えられました。
 井上哲士参議院議員は村の要望を政府に働きかけることを約束、村の齊藤康夫村議に案内していただき、ながせ由希子参院選挙区予定候補、和田明子県議と被災した現場の調査を行いました。
栄村役場

 昼過ぎに長野市に戻り、午後から共産党演説会(長野市)。山下芳生党副委員長、井上哲士参議院議員、ながせ由希子参院長野候補、和田明子県議、金井忠一知事候補。みんな個性的でパワフル。山下さんの「共産党の名前変えたら?」の疑問に答えるお話は、共産党の過去、現在、未来の価値をフルに語って、私も思わず身を乗り出して聞きました。参加していただいたみなさんのご感想はどうだったろう?

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...