2018年6月3日日曜日

再び栄村 共産党演説会

 朝7時に自家用車で家を出て、長野県栄村へ。5月25日に震度5強を記録した翌日に続き訪ねました。一週間経過し被害の全体像も明らかになるなか、森川浩市村長は農地の復旧などに国や県の経済的な支援を訴えられました。
 井上哲士参議院議員は村の要望を政府に働きかけることを約束、村の齊藤康夫村議に案内していただき、ながせ由希子参院選挙区予定候補、和田明子県議と被災した現場の調査を行いました。
栄村役場

 昼過ぎに長野市に戻り、午後から共産党演説会(長野市)。山下芳生党副委員長、井上哲士参議院議員、ながせ由希子参院長野候補、和田明子県議、金井忠一知事候補。みんな個性的でパワフル。山下さんの「共産党の名前変えたら?」の疑問に答えるお話は、共産党の過去、現在、未来の価値をフルに語って、私も思わず身を乗り出して聞きました。参加していただいたみなさんのご感想はどうだったろう?

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...