2018年6月29日金曜日

県議会一般質問最終日

長野電鉄
 観測史上最も早いという梅雨明けとのこと。
 毎朝やってる街頭県政・市政報告を終えるとすでに汗ビッショリ。帰宅して、着替えて県議会へ。

 県議会は一般質問の4日目(最終日)。日本共産党からは、備前光正、小林伸陽県議が登壇。制度改悪で利用しずらくなるばかりの介護保険、県政史上最大の不祥事である大北森林組合補助金不正事件を取り上げて追及。
 
 県民の実態や声に寄り添はない理事者の答弁には、ストレスがたまります。
 終了後、県議団会議で提出されている議案の賛否を論議。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...