2018年8月1日水曜日

長野県の「のり弁当」 

これが公文書公開で請求した文書
 補助金14億円の不正事件ー長野県の大北森林組合事件に関し、共産党県議団が請求していた公文書が本日公開されました。
 公開された公文書の「のり弁当」は、国会を始めいろいろ問題になっていますが、今回は277枚の文書全てが黒塗りです。
 怒りを通り越して、あきれてものも言えませんでした。よほど都合の悪いことが記されていたと思ってしまいます。
 いずれにせよ、公文書の管理、公開は国民主権、「知る権利」に関わる重要な問題です。これでは納得できません。この問題も引き続き取り上げていきたいと思います。

 「のり弁当」でムシャクシャした一日。夕方、気分転換も兼ねて買い物に。妹のリクエストの手編みのスリッパ(ぞうきんがけ兼用)、寒天、氷餅、そば、ひたし豆、栗菓子…。信州の名産をダンボールにつめて送りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

信州Fパワープロジェクト 補助金事業の運営について

9月定例県議会の報告②  信州Fパワープロジェクトに関して質問した部分をご紹介します。   信州Fパワープロジェクトは、 森林の再生や林業の振興、再生可能エネルギーの普及などを目的に、製材工場と全国最大規模の木質バイオマス発電所を建設する計画で、25億円の補助金を投入していま...