2018年8月1日水曜日

長野県の「のり弁当」 

これが公文書公開で請求した文書
 補助金14億円の不正事件ー長野県の大北森林組合事件に関し、共産党県議団が請求していた公文書が本日公開されました。
 公開された公文書の「のり弁当」は、国会を始めいろいろ問題になっていますが、今回は277枚の文書全てが黒塗りです。
 怒りを通り越して、あきれてものも言えませんでした。よほど都合の悪いことが記されていたと思ってしまいます。
 いずれにせよ、公文書の管理、公開は国民主権、「知る権利」に関わる重要な問題です。これでは納得できません。この問題も引き続き取り上げていきたいと思います。

 「のり弁当」でムシャクシャした一日。夕方、気分転換も兼ねて買い物に。妹のリクエストの手編みのスリッパ(ぞうきんがけ兼用)、寒天、氷餅、そば、ひたし豆、栗菓子…。信州の名産をダンボールにつめて送りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ウソのゴマカシの「安定」では

 参議院選挙の支持のお願いで訪問活動。  「自民党の政治もひどかったけど、野党の政権もダメだった。誰がやっても変わらないさ。(消費税率の引き上げなど)少しくらい負担が増えても安定した方が良いと思う」と、60歳代くらいの男性。  確かに、こう考える人が多いのだろう。それが安倍内...